[戻る]


俺はとくがわ。真黒な毛色が自慢の柴犬さ。

お犬さまと呼ばれた時代もあるが、それは昔の話。
今は、ミラクル☆トレインに乗っている。
最近は便利なものができたものさ。

江戸を見守らなきゃいけない俺としては、大江戸線のミラクル☆トレインはうってつけだ。

江戸線じゃなくて大江戸線ってとこがいい。
「大江戸」って言葉自体、本来は江戸の雅名なんだが、この列車につけられた理由は、本来の江戸よりも、線路が大きくとり囲むように6の字にまわってるから、大江戸線なんだとよ。

まぁ、江戸を守る、うまい結界になってるってわけさ。

本来はいろんなところを見回らなきゃいけない俺だが、ミラクル☆トレインが、あらゆる場所に連れていってくれる。

それに、ミラクル☆トレインに乗っている、駅。あいつらの中には、俺の表鬼門も裏鬼門を守っているやつがいるからな。

しっかし、駅のやつらはうざいし、俺からみたら、ホントだめ男(お)だ。

ったく、俺の裏鬼門を守らなきゃいけないはずの新宿はタラシだし。
汐留は俺の実家があるっていうのに、なかなか帰ってこねーしよ。
それに、男がキャピキャピすんじゃねーよ。

都庁のヤツを筆頭に、俺の事、呼び捨てにしやがるし。
俺は「とくがわさま」だっつーの。

しかも、駅どもは、いつもはダラダラしてるくせに、女をみりゃあ、くどきやがって。

ちょっと顔がいいからって、調子のってんじゃねーぞ。こらぁ!

なにか!イケメンだったらいいのかよ!おめーらなんか、イケメンならぬ、エキメンだろ!

言っとくけど、俺様が人の姿になったらな、おまえらなんかより、もっとイケてんだからな。

わかってんのか…。

ってメシか。…今日も肉かよ。

まあ、月島にもんじゃ食わされるよりはましか。
両国のちゃんこも悪くはねーが、相撲取りでもない限り、毎日食うもんじゃねー
しな。

(食う)

はー。腹がいっぱいになった。ひと休みするか。

(間)

ふあぁー。(あくび)

むにゃ。俺が…人になった…ら…ふぁ…むにゃむにゃ。

 

★デートの続きはこちらへ